VOAAOV - REFINE WOOL SERGE series vol.1


いよいよ本格的な秋冬シーズンが始まりました。

秋冬はファションがより楽しめる季節でワクワク!


既にたくさんの秋冬の新作が揃ってきていますが、

今回は、VOAAOV から秋にさらっと着て頂けるセットアップをピックアップ。


REFINE WOOL SERGE という生地を使用したシリーズで、

シャツジャケット、ギャザーシャツ、タックテーパードワイドパンツ、イージーワイドパンツの

4アイテムのラインナップになっております。


vol.1 では、シャツジャケットとタックテーパードワイドパンツをお送りします。



まず生地は、スーツなどに用いられることの多い上品なウールサージ生地を使用。

そのウールサージ生地に *リファイン加工を施すことによって、一般的なタンブラー機で

乾燥して仕上げたものよりも安定したボリュームを持たせたものになります。


*リファイン加工とは、、

繊維に水分・熱・圧力をかけて互いに絡ませて生地を緻密、厚地にさせることにより、

繊維間の空間を多く作ることができ、これにより軽くて程よいボリューム感、

さらにウール独特の風合を出すことが出来ます。とくにこの加工方法はウールに適しているとのこと。







REFINE WOOL SERGE Shirts Jacket


シャツデザインをベースに、全体的に程よくゆったりとしたサイズ感で、フロントの大きな四角いポケットがアクセントに。



ウールの生地感と、ゆったりとしたサイズ感をいかしたジャケット感覚で羽織れるシンプルなデザインによって、幅広い使い方やコーディネートを楽しんで頂けます。
















REFINE WOOL SERGE Tuck Wide Pants



程よいテーパードシルエットでまるみのあるソフトなワイドシルエットが特徴です。


全体的にゆったりとしていますが、

癖が少なくユニセックスで、よりシーズンや

スタイルを問わず色々な着方が楽しめる

パンツに仕上がっています。



タックの入ったウエストをいかして、

ベルトでハイウエストに絞り穿いて

頂くのもおすすめです。









こちらの、REFINE WOOL SERGE series は、魅力的な上品な生地感を活かしつつ、

シャツとワイドパンツでセットアップにすることで、ジャケットとスラックスのスーツの様な

フォーマル感や、堅苦しさ、きっちりとした決まり過ぎてしまうバランスをうまく和らげ、

肩の力が自然とぬけたナチュラルなセットアップスタイルが楽しめる点がポイントです。


一般的なジャケットとスラックスでのセットアップを良いぬけ感で、良いバランスに崩して

着こなすのはなかなか難しいと感じるところが多いかと思いますが、、

シャツとワイドパンツでしたらきっと自然にまとまり、清潔感も保ちつつ

サラッと着こなして頂けるのではないでしょうか。






また、LOOKのようにシャツジャケットをインして着ていただいても可愛いです。

もちろん、シャツジャケット、パンツ、共に別々でもお使い頂く事ができ、

色々な組み合わせ、着方、色合わせも可能です。


セパレートスタイルと、ぬけ感と遊びのきいた新感覚の独特な

スーツスタイルもぜひ楽しんで頂きたいシリーズになります!





羽織れるアイテムは BLACK を選びがちですが、個人的には、ライトな印象の GRAY がお気に入りです。


クリーンさと大人な渋さのバランス感が良き◎

オーバーサイズなので、中にトレーナーやパーカー、ニットなども着込めます。色も YELLOW を持ってくることで、メリハリがでます。


また BLACK ほど重くならない GRAY は色をプラスしても優しい印象になりやすくなるので、

今回は YELLOW とも相性の良い、濃い GREEN のスラックスで大人感を崩さずアクセントをプラス。


こちらの GRAY カラーならインナーやパンツに色を持っていきやすくなるので、色を取り入れたスタイリングを是非挑戦してみてください。





パンツのオススメは BLACK です。

2タック入っていることでストンと落ちる美しいシルエット。

ベーシックで合わせやすさもありつつ、エレガントに見えるのがポイントです。





カジュアルダウンしがちなブルゾンも綺麗にまとまり相性抜群!

ショート丈のブルゾンをいかすため中にシャツを着ることで

レイヤードを楽しめるように意識しています。


レイヤードが難しいと思っている方、慣れていない方は、アウターとインナーを

同系色で合わせてみると比較的簡単にまとまりやすくなると思います。


全体的に綺麗目な雰囲気、シックな色合いを組み合わせているので、

足元にボリュームのある grounds を持ってくることでコーディネートに遊びができ個性も出せます。


逆に、個性的な靴を合わせたい時は、全体の色味を抑えることで

足元に遊びを持って行きやすくなりますので、ぜひお試しください。






ウールは少しデリケートなので、基本的には「手洗い」で優しく洗ってあげるのが理想です。

洗濯機で洗うと空気が追い出され、縮んだり硬くなったりと

トラブルを引き起こすので注意しましょう。

生地の柔らかい雰囲気を保つためには、出来るだけ「手洗い」することを心がけてください。

手洗いする時も、お洒落着用の中性洗剤を使って手洗いするのがいいです。

中性洗剤を使うことで生地への刺激が少なくなり、縮みなどのトラブルが起きにくくなります。



洗濯機で洗う場合は、、


ドライコースやソフトコースなどのコースを選ぶことで、

ある程度ダメージの心配なく丸洗いができるんです。

やり方は、軽く畳んでネットに入れ、コースを選んで中性洗剤で洗う。

弱水流のコースならデリケートなウール素材にも無理な負担をかけることなく

キレイにしてくれます。

とはいえ、手洗いで洗うよりも負担はあるので、心配な人は手洗いをお勧めします。



ウールは保湿性の高い素材なので、1日中着た後は汗や外の湿気をたっぷり吸い込んでいます。

湿ったままだと臭いや傷みの原因になるため、脱いだらひと晩ほど

ハンガーなどにかけておいて、翌朝収納するといいです。




WM michi

0件のコメント